陰ヨガを続ける理由*

明日は【大寒】。あと二週間ほどで立春です☆

寒さのなかでも陰ヨガクラスにたくさんご参加いただき感謝です◎

少しずつ春に向かっていく時期、じんわり..ゆったり..この冬の時期に最適なシークエンスをご用意してみなさまの心身の健康のお役に立てますように☆

クラス後うれしいご感想をお聞きすることが多く、本当にうれしいです◎



クラス終了後、

『深部のコリがほぐれた~』

『こういう静かな時間って必要だと思いました。。』

『関節の周りに血が流れる感じでスッキリした◎』

『たくさん動かすヨガばかりやっていたけど、陰ヨガも必要だと痛感した』

『こころとからだが疲れていても、陰ヨガならできるし、やりたいと自然に思う』

『からだをたくさん動かすのが好きではないけれど、陰ヨガで心地好く、無理なく続けているうちに体調が良くなっています』

『陰ヨガのなかで自分自身のこころの傾向に気づき、その気づきを日常に活かしていきたい』

『陰ヨガを続けているうちに体調が良くなった』

『ただリラックスだけでない、ちゃんと目的の場所(ターゲットエリア)に意識をおき、深いストレッチをするから気持ちがいいし、巡りが促されてなんだかスッキリした』


...などなど、様々なたくさんの有り難いお声をいただき、ありがとうございます☆




陰ヨガのご継続者のみなさまは陰ヨガを続ける理由としてリラックスだけではなく、からだの巡りや体調の改善、こころの穏やかさや安定が養われるのを実感されているからこそお続けくださっています◎


陰ヨガは、経絡(気の通り道)に気を通すために、また関節や結合組織、筋膜に刺激を与えるためにご自身の感覚を観察しながら深いストレッチを味わいます。

持続的に刺激を与えるために一定の時間からだを保持するので、内観から瞑想へとつながりやすく、マインドを鎮め、心身を充電し、回復力や自然治癒力を養います。



次へと進む前にまずしっかりエネルギーを貯めること。

先天のエネルギー量はお母さんのお腹にいるときに既に決まり、それを変えることはできませんが、後天の精(自ら作りだすことのできるエネルギー)は、いい栄養や質のいい睡眠、リラックスの時間をしっかり作ることで作り出すことができます◎

この後天の精、エネルギーを充電することに陰ヨガは役立ちます。



陰ヨガであなたがあなた本来のままで、健やかに笑顔でありますように...☆



Om shanti...


*ヨガ哲学のおなはし:ヨガの原典が教えてくれる続けるために大切なこと①はこちら☆

②はこちら☆