ヨガの大切な教え:ヨガの原典が教えてくれる続けるために大切なこと②

ハタヨガの重要な原典である『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』から前回(ヨガの教え:ヨガを続けるために大切なこと①)に引き続き「ヨガにおける成功の条件」を一部ご紹介します。



・ダイリャ【勇気】

ヨガを続けるために大切なこととして、『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』にはこの【勇気】もあげられています。

練習を続け、ヨガを深めるには物事に対し積極的に捉える視点を持ち、勇気を出してチャレンジする姿勢もまた必要ではないでしょうか。

ハタヨガ(からだを動かすヨガ)だけでなく瞑想やヨガ哲学を学んだり...視野を広げてみることもより学びを深めるきっかけになります。


・タットヴァジニャーナ【識別知】

多くの情報が溢れるなかでは迷うことが多くなりますが、真実はいったい何かということを追求する姿勢を養います。

そして、あやふやな情報に惑わされることなく本当のヨガを追求していきます。



・ニシュチャヤ【決意】

勇気を持って学びを進め、真実を追求しながら、その真実を信頼する決意を持ちます。

自分自身をより高めてくれるヨガや先生を信頼し、続ける決意をします。




以上、『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』に記されている一部ではありますが紹介させていただきました。

16世紀頃に著されたと言われる教典から学ぶことで、今を生きるわたしたちもヨガを深めることができます。


ヨガや瞑想を通じて、心身の健康とともにより良い人生となりますように...


Om shanti...