自分に優しくありましょう。

自分に優しくありましょう。

そのあなたの優しさを世界に溢れさせるのです。

~ペマ・チョドロン~




尊敬する先生が教えてくれたことばです。




3月、そして4月は変化の時期。

残念ながらこころ苦しくとも手放させていただくクラスもあります。

たくさんの方々にヨガを通じてお会いできることは喜びでもありますが、当然別れもあります。。


クラスのなかで、お一人お一人に敬意を持って、こころとからだに寄り添うことができるように努めています。

それと同じように、自分自身のこころとからだも尊重することを大切にしています。



それは、自分自身のこころとからだを軽視してクラスをたくさんおこなっていたためにバランスを崩し、からだが思うように動かせなくなった経験からです。

お一人お一人を尊重すると同時にクラスを長くおこなわせていただくためにも、自身のこころとからだを尊重すること。

それは、このお仕事でなくても、みなさまにあてはまることだと思っています。



目の前のひとを大切に想うからこそ、無理をしてしまいがちなわたしたち。

大切なひとたちのために、まず【自分に優しくありましょう。そのあなたの優しさを世界に溢れさせるのです。(ペマ・チョドロン)



あなたがあなたらしく、健やかで笑顔の日々でありますように...

すべてのクラスのなかで、そんな想いを込めておこなわせていただいています。



Om shanti...