こころとからだの安定のためのヨガクラス*

先日もAGNIYOGA@溝の口にて祝日のはじめての方々のための陰ヨガクラスをおこなわせていただきました☆

春分の日でしたが雪が降る寒~い日にも関わらず、ご参加くださいましたみなさま、ありがとうございました◎

土曜日の陰ヨガクラスを継続してくださって方々もご参加くださり、いつもありがとうございます❤


陰ヨガはみなさまが通常おこなわれている動くヨガとは正反対の動きの少ない静かな瞑想的なヨガのため、いつも丁寧に陰ヨガの特徴をクラス前にお話していますが、みなさま終了後に

『すごくリラックスできた◎』

『伸びて気持ちいい~』

『最初にせんせいのことばで涙が出てきて、いつものヨガは無理してしまいがちだけど、はじめて自分のこころとからだに無理させることなく自分自身に忠実におこなうことができた』

『陰ヨガがとても自分に合っていると感じて、今後も練習していきたい』

そんなうれしいお声をいただきました☆

ありがとうございます❤



陰ヨガは筋肉を休ませ、結合組織や経絡へと刺激を与え、気の調和を促し、心身の回復力を養うことにフォーカスしますが、やはり姿勢を保持するコアの筋肉は必要になります。


姿勢はこころの状態にも反映します。

姿勢の乱れは呼吸にも影響し、浅く乱れた呼吸はこころの集中を妨げ、イライラや気分の浮き沈み、やる気や自信の喪失にもつながりやすくなります。


また、筋力の低下によって肩こりや腰痛などを招き、お顔のたるみにもつながり、また代謝の低下により太りやすくなり、疲労の蓄積にもつながります。


ヨガのアーサナ(ポーズと訳されることが多いですが座法を指します。)は瞑想のために長く座り続けることができるための姿勢を指します。

長く安定して集中し瞑想へと至るためには、姿勢を保持するための筋力や柔軟性を培う必要があります。


日常生活で無意識的に強張りがちなからだをほぐし、姿勢の安定のために必要な筋力を培うためのヨガはハタヨガの基本でもあります。


ヨガの本質を大切に、からだの安定を培うことでこころの安定にお役立ていただけるよう、はじめての方々にもご安心しておこなっていただけるクラスです。





春のスタートの時期は変化も多い時期、ご自身にとって良い変化であってもストレスにつながりやすく、また気温差などにより体調不良も招きやすい時期です。

ご自身のこころとからだのためのお時間を取り、健やかで笑顔の日々をお過ごしいただけますように...☆

クラスにてお待ちいたしております。


Om shanti...