じめじめうつうつ..梅雨の時期のハーブティー◎

梅雨の時期は湿気の高さなどによって様々不調や痛みが生じたり、季節性のうつうつ気分などを感じる方も多く、
またこのところの梅雨寒で風邪をひいてしまった方々もいらっしゃるかもしれません。。

季節の変化に加え、日頃の疲労やストレスなども加わり、日々私たちのこころとからだは常に大きく揺れ動いています。


揺れ動くこころとからだには瞑想やヨガはもちろんのこと、ハーブティーも植物の持つ様々な作用によって、私たちをやさしく包み込むように力を貸してくれます。


そこで、不調を和らげるサポートとなりますようにメディカルハーブなどの観点よりオススメのハーブティーをご紹介します。



【こころの晴れ間tea☀】

*オレンジフラワー
*パッションフラワー
*リンデンフラワー


オレンジフラワーは太陽の光をたっぷり浴びたオレンジのお花☆不安定なこころとからだをやさしく包んでくれます。
柑橘系の香りによって気分を落ち着かせてくれ、鎮静作用、抗うつ作用、またストレスによる下痢などにも力を貸してくれます。


パッションフラワーは『天然の植物性精神安定剤』とも言われ、鎮静作用に優れイライラ、緊張や不安を和らげ、不眠にお悩みの方にもオススメです。


リンデンフラワーも精神的に不安定な際に力を貸してくれるハーブです。鎮静作用に加え、利尿作用もあるためむくみの改善にも効果が期待できます。


3つのハーブの相乗効果によって、不安定なこころとからだに安らぎ、リラックスをもたらし、やさしい草花の香りと作用によって安眠へと導いてくれます。


疲労感が抜けないとき、悩みやストレスでマインドが落ち着かないとき、こころとからだを自然に緩ませ落ち着かせてくれるブレンドです。


恵みの雨の時季も、自然のサイクルに寄り添いながら、ご自分にまずやさしい眼差しを向け、ホッとハーブティーで一息つきながら、穏やかで健やかな日々をお過ごしいただけますように...