陰のチカラが次への確かな一歩につながる

自分自身のためのハタヨガプラクティスでのこと。

あるアドバンスポーズで先生から『やってみないと何が足りないのかわからないよ』という言葉。

そう、一歩踏み出さないと気づけないこともあるのだ!




陰ヨガでは、次々動く前に、一歩踏み出す前に『今、ここ』にととどまりながら『今の自分自身』を知るために呼吸とからだに意識を向け自身全体に何が起こっているか、一定の時間、持続的な刺激を与えながら変化を観ます。

とどまり続けることで気づくことがある。

走っていたら、急いでいたら気づけないこと、見えないことがある。

そして、しっかりとエネルギーを収めることで、自らの内側からのエネルギーが沸き起こり、確かな一歩を踏み出すために、あえてとどまりエネルギーを溜める。

でも、踏み出すチカラがあるのにとどまり続けることはタマス(鈍性)、あるいは怠惰へとつながってしまいます。


陰は、エネルギーがしっかり溜まった後、陽へと向かう。

そのとき、勇気を持って一歩踏み出してみる。



『やってみないと何が足りないのかわからないよ』と先生がおっしゃった言葉は、アドバンスポーズへのチャレンジを促す言葉でしたが、陽の高まりを感じている自分自身のこころとからだに深く響きました。





..

10年間続けてきたクラス(主宰アトリエ・草原cafe含む)をまもなく終了させていただきます。

多くのみなさまに支えられておこなわせていただいていた大切な大切な共有できた空間・年月に、みなさまに感謝しています。

いつも、どんなときも、感謝と敬意を込めて。

これからもご縁のある場所で、陰ヨガを中心に、安らぎと回復、心身の調和を願いながら、変化することを恐れずに、意志を持ちながら、ゆるやかに流れに沿って...

Namaste❤

様々な場所での天変地異...どうぞ被害にあわれた方々の悲しみが一分一秒でも早く癒え、安心して大切なひとたちとともにいられますように...

地球全体が穏やかで平和でありますように...

Om shanti shanti shantih...