YIN YOGA with みゆ

新体操でインターハイ・高校選抜個人総合優勝などの成績をおさめたのち、プロダンサーとしてヨーロッパ、アジアなど各地での公演やコンサートなどに出演。 ダンサーとして活動中にヨガ・瞑想に出会い、ハタヨガ、陰ヨガ、リストラティブヨガ、ヨガ哲学・瞑想やハーバルセラピーなどのトレーニングを修了。ヨガと並行して様々な瞑想のトレーニングを積み、瞑想マスターよりイニシエーションを拝受し日々の瞑想を実践。
現在は中医学・陰陽五行の視点を大切にしながら季節の変化に合わせ心身の調和、安らぎと回復を促す陰ヨガを中心にクラスを担当し

記事一覧(18)

11月の特別クラス陰ヨガwithセラピーボール@中野坂上

陰ヨガクラスにご参加くださるみなさま、いつもありがとうございます☆一部スタジオさまでは特別クラスとして、また一部のクラスでは密かに♡陰ヨガにセラピーボールを加えたクラスもおこなっています☆11月にはスタジオBONNEさんで【陰ヨガ withセラピーボール】クラスを開催させていただきます。★11/15(木) 10:30-11:40@スタジオBONNE【陰ヨガ withセラピーボール】陰ヨガは筋肉を弛緩させながら筋膜などの結合組織へと持続的に刺激を与える筋膜リリースにより歪みや滞りを改善します。またツボ(経穴)とツボを結んだ気の通り道である経絡への気血の巡りを促すことを大切にしたヨガです。一部のクラスでは、セラピーボールも使用しながら経絡・経穴に添った筋膜ラインへの刺激も加えさらに巡りを促します。肩こり、腰痛、頭痛、消火器系の症状、倦怠感などお悩みの方にもオススメです。*陰ヨガクラスご参加の際は温かいウェア(靴下着用など)でご参加をお願い致します。*スタジオBONNEさんは光あふれる気持ちのいい空間、プロップスもしっかり整っています◎(通いやすい1レッスンごとのお気軽・お手軽に受講できる料金システム、ヨガマットも無料レンタル◎入会金なし◎男性受講可◎)☆その他のスタジオBONNEでの担当クラス☆・木曜日10:30~11:40 リラクゼーション陰ヨガとハタヨガ&リストラティブを隔週で開講・日曜日11:00~12:00、こちらもリラクゼーション陰ヨガとハタヨガ&リストラティブを隔週で開講ハタヨガ&リストラティブは、解剖学知識をベースに基本的なヨガのアーサナ(ポーズ)を深い呼吸とともに 一つ一つ丁寧におこない体幹を鍛え、しなやかさ、柔軟性や強さを養い、最後は深いリラックスを味わうクラスです。しっかり動いた後、プロップス(ボルスターなどの補助具)に身をゆだねる心身回復ポーズでストレスや疲労を手放します。しっかり動きたいけれどリラックスもしたいという方、心と身体双方の凝りや滞り、ストレスにお悩みの方にもオススメです◎クラスにお越しくださるみなさまのご自身本来の自然体で在るためのサポートとなりますように...そんな願いを込めて、すべてのクラスに努めています。Om shanti...❤☆最新スケジュールをご確認の上、ご予約ください☆ご予約はスタジオBONNEさん(@中野坂上)へクラスにてお待ちいたしております☆*その他レギュラークラスはこちらからご覧いただけます☆

此処に既に在る美しさ

陰ヨガトレーニング日記

トレーニングのためクラスをお休みさせていただきましてありがとうございました☆代行をお引き受けくださった先生にも感謝ですm(__)m日々自身のプラクティスも続けていますが、やはり海外からお越しくださる先生のトレーニングはみなさまにより良いクラスになるよう必須の勉強です◎今回は日程調整が難しく日帰りで新幹線で地方へと向かいトレーニングに参加してきました。朝一番、先生から『あなたは今しあわせですか?』という自分自身への問いかけから始まりました。ヨガとはより多くのものを持っていることや、外側で判断することではなく、内側にあるもの、そのしあわせに気づくことだと内で感じながら、それを培いながらヨガを続けてきたので、その問いかけから始まったプラクティスで、早々と来てよかった。。と実感しました◎トレーニングに参加し学べば学ぶほど、自分自身が知らないことがたくさんたくさんあることに気づくことができます◎ですが、その学び自体が執着とならないように気をつけなければなりません。。外側ではなく、内側に醒めた瞳を向け、自分自身の本質を探求すること。ヨガ哲学で大切なサントーシャ(知足)とスワディヤーヤ(学習・自己の探求)です◎YOGAは自分自身の本質、真我を知る旅でもあるし、目の前に現れる全ての人、事象を本当の瞳で観る旅路でもある。。そう改めて感じた実り多いトレーニングでした◎そして、少し忙しさで不調を感じていてセルフプラクティスではなかなか改善しなかった滞りがトレーニングのお陰で帰りにはすっかり楽になっていました◎恐るべし!陰ヨガ!!また学んだことを内側に浸透させるためにマットの上でのプラクティスに加え、日常での内側のセルフプラクティスがはじまります。Namaste☆

エネルギーが内から沸き起こる感覚がわかった◎

陰ヨガクラスとともにハタヨガとリストラティブのクラスもおこなっていますが、ご継続くださっている方から、『ハタヨガのみゆさんのクラスを続けてきて、エネルギーが内から沸き起こる感覚がつかめてきた!』と、お喜びのお声をいただきました。『クラスを続けているうちにアーサナ(ポーズ)が安定してきて体幹がついてきた!みゆさんのクラスに出会えてしあわせ~』といったお声もいただき、そんなお声をいただけるわたしの方こそしあわせ❤です☆ありがとうございます☆ハタヨガのプラクティスでも、自身の内からの陽のエネルギーの高まりと、力強さ、前と進むパワフルな感覚を味わい、実際にからだとこころに強さが蘇ってきます◎ハタヨガの大好きな側面です☆そして何事にも続けることのパワー、恩恵は計り知れませんね。続けるには、いいときも悪いと思うときも、面倒だなぁと思うときも、マインドの揺れ動きに惑わされることなく粛々とおこなう必要があります。ですが続けたひとにしかわからないことに気づけ、自身を少しずつ高めることにつながります◎一歩一歩、少し戻ったりすることもあるけれど、出来不出来、他人の評価に惑わされることなく歩みを進める。。きっと、以前の自分よりも自信を持って自分自身でいられます。クラスをおこなわせていただいて感謝です☆Jai Bhagwan...(あなたの内なる神聖な存在に敬意を表して...)

『継続のチカラ』~陰ヨガとヨガ哲学③~

ヨガの教え、ニヤマ(勧戒・おこなうと良いこと)にある【タパス】は一般には苦行と訳されることも多いですが、『熱行』とも訳されます。タパス=自分自身を高めるために決めたことを熱意を持って続けること。ヨガも瞑想もたまにおこなうだけでは残念ながらなかなかこころとからだは変わりません。。継続はチカラなり。継続によって、こころとからだには大きな差が出てきます。陰ヨガも同様、たまにでもリラックスの恩恵を与えてくれますが、中医学・陰陽五行説の視点から経絡への気の巡りを促し、筋肉を弛緩させながら深いストレッチを感じる場所でゆったりと大地にゆだね、筋膜をリリースすることによって歪みの改善、柔軟性の向上、内臓機能促進、安眠、深いリラクゼーションと気の調和、回復力が養われ、自然治癒力を取り戻すことにつながります。この時期は猛暑の疲労が出やすい時期。不調予防に【胃・脾】の経絡 、秋へと移り変わる時期への準備として【肺・大腸】の経絡にもフォーカスしたシークエンスで内臓機能を高め、疲労回復、エネルギーの充電を大切にクラスをおこなっています❤(*クラスによってはフォーカスを変えることもございます。)本格的な秋へと向かう変化の大きなときにも揺れ動きやすくなるこころとからだのために、陰ヨガを暮らしに取り入れ、こころとからだの調和や安らぎ、回復力、調整力を養うヨガを始めてみませんか?*陰ヨガクラスご参加の際は冷えないよう温かいウェア(長袖や靴下着用など)でご参加ください。*陰ヨガ・ハタヨガなどのレギュラークラスはこちらからどうぞ☆

『七走一坐』立ち止まることの恩恵

禅には【七走一坐:七回走ったら一度立ち止まって静かに坐りなさい】という教えがあるそうです。日々やるべきことに追われ、マインドでからだを無理させていると、慢性的な疲労感や凝り、痛み、不眠や、ストレスが手放せず休めないこころとからだになってしまったり、酷くなれば病となって現れたりします。酷くなる前に、まず立ち止まること、こころとからだをいったん止めて【今のわたし】に意識を置いてあげることが大切です。陰ヨガは【今、何が起きているのか】、自分自身のからだの感覚や呼吸にやさしく、かつ醒めた眼差しを向けます。それは、瞑想と同様です。からだに無理をさせる前に、あるいは、頑張ったら、一度こころとからだを止めて、安らぎの時間を設けること。そのプラクティスの継続は、必ず大きな恩恵をもたらしてくれます。陰ヨガクラスを継続してくださっている方より、『陰ヨガクラスで最初はリラックスできるから好きで続けていたけれど、むくむくとエネルギーが湧いて元気になってきた』とお喜びのお声をいただきました。わたしも同様です◎リラックスし、内側からの本当の安らぎを体験すると、自らの内からのエネルギーが湧いてくることがわかってきます。陰があるからこそ、陽へと転じることができる。陰ヨガで本当にお伝えしたいことはこのことです。陰(かげ、見えない部分)をおろそかにせずそこに向き合えば、外側からエネルギーを奪おうとしなくとも、必ず自らの内からエネルギーが湧いてくる...夏が終わり、本格的な秋へと向かう変化の時季も、こころとからだに寄り添いながら、力みを手放し、本来の自然体で在ることができますように...Om shanti...

『ゆだねる』~陰ヨガとヨガ哲学②~

お盆休みの時期にもクラスにお越しくださるみなさま、ありがとうございます☆クラスでお話させていただいていることですが、ヨガの大切な教えのひとつに【イーシュワラ・プラニダーナ】があります。その教えは大いなるものに【ゆだねる・お任せする】ということ。この教えは陰ヨガでもとても大切だと実感しています。陰ヨガはからだの力みや強張りを取り除く(筋膜リリース、関節の可動域を広げる、結合組織へのアプローチ、副交感神経を優位にする)ために、時間をかけて持続的に刺激を与えながら大地に身をゆだねる、とても特徴的なヨガです。自分の力でストレッチをしようと頑張ったりポーズの形にご自分を当てはめようとせずに、ターゲットエリアに対し適切なストレッチを感じている場所で筋肉を休ませ、リラックスして力を手放すことが大切です。大地がご自身のそのままを支えてくれている...そこに安心してゆだね、溜め込んでいたものや手放したい強張り、力みや滞り、こころのストレスを『はぁ~』と吐き出し力を抜いて、自然なままに戻る...その結果にとらわれることなく、そこでおきることに静かで穏やかな視点を持ち自然に任せること。。『がんばる』ことを手放して、大きなものにゆだねることが、からだ本来の自然な場所へと戻る回復力や自然治癒力を取り戻すことにつながります。陰ヨガが自然なあなた本来のままで在ることへとつながりますように...Jai Bhagwan...

『人生は時間をかけて自分を愛する旅』 byフジコ・ヘミング

少し前ですが、楽しみにしていたドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』を恵比寿にて観てきました。ピアニスト フジコ・ヘミングさんのピアノが流れると、その音色にただただ涙が溢れました。。リストやドビュッシーなど大好きな曲が流れ、フジコさんの美意識の高さと音に感銘を受け、そして映画冒頭の【人生は時間をかけて自分を愛する旅】ということばが映画を観終わった後もピアノの音色とともにずーっと脳裏から離れませんでした。【人生は時間をかけて自分を愛する旅】それはヨガにおける生き方にも通じます。自分とは心や身体としての自分ではなく、【本来の魂である自分】=アートマンのこと。ヨガや瞑想はその本来の自己に戻るための生き方です。そして、ヨガのプラクティスの積み重ねは自分をよく知るツールでもあります。陰ヨガは表面的なアーサナ(坐法・ポーズ)の形にとらわれるよりもご自身のこころとからだに意識を向け内観すること=「今、ここ」に在ること、そして「何かを得ようとすることを手放していく」ことがとても大切だと思います。もちろん、陰ヨガのポーズのなかでは「ターゲットエリア」へのストレッチ、刺激がある場所を探していくことが大切ですが、時間をかけて筋肉を弛緩させていくなかでは得たい感覚ばかりが訪れることはありません。。からだにもこころにも様々な反応が起こり、痛みが訪れることもあります。「何かを得たい」というこころを手放して、「今、起きていること」と共にいること。毎日違うこころとからだに気づいていく時間はよく自分を知る方法でもあり、自分自身を尊重することにつながります。そして、プラクティスのなかでとてもとても大切なことは素直で在ること。マインドでジャッジせず、あるがままを観ること、そして受け入れることは人生でもとても重要な姿勢だと思います。ヨガの生き方はその姿勢を養い、時間をかけて自分や世界を知り、本来のままの自分と世界を愛する旅。。そう思います。

陰ヨガを続ける理由☆みなさまのお声❤

陰ヨガクラス後にうれしいご感想をお聞きすることが多く、本当にうれしいです◎クラス終了後、『陰ヨガをやった次の日の朝は疲労回復度が全然違って、朝すっきり起きることができます◎』『気圧や季節の変化で体調が乱れやすかったけれど、陰ヨガを始めて2ヶ月経ったくらいから、そういえば体調いいな!と感じて続けています。毎週必ず来るようにしています。』『マッサージをした後のようにスッキリした!』『陰ヨガだと不思議とこころも楽にリラックスできる』『疲れでぐったりしていたけど、陰ヨガのおかげでストレス解消できて今日はやっと良く眠れそう』『こころとからだが楽になった...』『せんせいの声が心地好くて、すんなり内側に意識を向けられリラックスできる...』『深部のコリがほぐれた~』『こういう静かな時間って改めて必要だと思いました。。』『いつもこころや頭のなかが忙しいけれど、陰ヨガでこころが鎮まり、こんな時間を過ごすことが必要ですね!』『コリを感じていたところにスーッと血液が流れる感じでスッキリした◎』『たくさん動かすヨガばかりやっていたけど、陰ヨガも必要だと痛感した』『陰ヨガが大好きになりました!』『こころとからだが疲れていても、陰ヨガならできるし、やりたいと自然に思う』『からだをたくさん動かすのが好きではないけれど、陰ヨガで心地好く、無理なく続けているうちに体調が良くなっています』『陰ヨガのなかで自分自身のこころの傾向に気づき、その気づきを日常に活かしていきたい』『陰ヨガを続けているうちに体調が良くなった』『ただリラックスだけでない、ちゃんと目的の場所(ターゲットエリア)に意識をおき、深いストレッチをするから気持ちがいいし、巡りが促されてなんだかスッキリした』『せんせいのことばで不思議と涙が出て、力が抜けました。。』『夜、眠りが浅かったけれど、陰ヨガを続けておこなうようにしたら良く眠れるようになってきました』『こころもからだもニュートラルに戻れた感じ◎』『クラスのなかでの声やトークに身をゆだねるうちにリラックスできる...』『陰ヨガを続けるうちにからだの巡りが良くなったのを感じ、先端冷え症だったのが、今は歩くとすぐ手先や足先がポカポカしてくるのがわかる。だから陰ヨガクラスを続けたい』...などなど、様々なたくさんの有り難いお声をいただいています❤みなさまありがとうございます☆陰ヨガのご継続者のみなさまは陰ヨガを続ける理由としてリラックスだけではなく、からだの巡りや体調の改善、回復力の向上や、こころの穏やかさや安定が養われるのを実感されているからこそお続けくださっています◎陰ヨガは、経絡(気の通り道)に気を通すために、また関節や結合組織、筋膜に刺激を与えるためにご自身の感覚を観察しながら深いストレッチを味わいます。持続的に刺激を与えるために一定の時間からだを保持するので、内観から瞑想へとつながりやすく、マインドを鎮め、心身を充電し、回復力や自然治癒力を養います。陰ヨガを暮らしに取り入れることで、健やかに笑顔の日々でありますように...☆*主な陰ヨガレギュラークラスはこちらからどうぞ☆